kuruma-haisha-03-11

動かなくなってしまった車でも売却することができる理由

最近では、かなり年式が古くて走行距離も10万kmを軽くオーバーしたような車であっても、売れないということはまずありません

特に海外への輸出ルートが確率されている買取店などに持ち込めば、想像以上に高い査定額を提示されてびっくりすることもあるでしょう。

海外では、20万kmや30万km程度の走行距離の車が普通に走っていますから、もともと品質の高い日本車であれば、10万km程度しか走っていない車はかなり程度がいいと判断されます。

このように、日本国内でニーズがなくなった中古車であっても、海外に活躍の場を広げたことによって、廃車にされることなくしっかりと査定の対象となっているわけです。

かつてにくらべると、車の寿命というのは本当に長くなっているのです。

しかし、そんななかなか壊れなくなった日本車ではあっても、いつかはご臨終のときを迎えます。

実際に、動かなくなってしまった車はどうすればいいのでしょうか?

なんとか修理が出来る状態の車であれば海外輸出の対象となりますが、修理ができないほどのポンコツ状態になってしまったら、さすがに廃車にする意外に選択肢はありません。

かつては、そういった車がよく空き地などに不法投棄されていました。

車が売れないどころか、逆に処分費や廃車費用で大赤字になってしまうので、捨ててしまったほうがいいと考えたのでしょう。

しかし、最近ではそういった不法投棄された車を見かけることがなくなりました。

理由は、鉄スクラップの価格が上がっているからです。

鉄スクラップが安かった時代には、業者に処分費を払って車を引き取ってもらうしかありませんでした。

しかし、鉄スクラップの価格が上がったことによって、かつては不法投棄されていたような価値のない車であっても、買取の対象になるようになったのです。

買取といっても、金額的には数万円にしかなりませんが、かつてのようにお金を払ってまで処分してもらわなければならなかった時代にくらべると、たとえ数万円でも非常にありがたみを感じるに違いありません。

今後の鉄相場がどうなるかは分かりませんが、少なくとも現在のような相場が続くのであれば、かつてのように空き地に車が不法投棄されるようなことは当分のあいだは起こらないに違いありません。

kuruma-inkan-shorui-03

中古車を売るときにあらかじめ揃えておきたい必要書類とは?

新しく車を購入するには、これまで乗ってきた車はそのまま下取りに出す人も多いと思いますが、なかにはディーラーの査定額に納得がいかずに買取専門店に売却を決める人もいることでしょう。

その場合には、新たに車を買う店とは別のところで契約をすることになりますので、さまざまな書類を事前に準備しておかなくてはなりません。

まず、車を売るときに絶対に必要になるのが車検証です。

これは、陸運局に登録した時の情報を確認するための書類となりますので、仮に車検が切れてしまった車であっても、絶対に捨てたりしてはいけません

ほとんどの車は、ダッシュボードの中に入りっぱなしになっていると思いますが、一応確認しておいてください。

そして自賠責保険の支払い証明書もそろえておく必要があります。

大抵は車検証といっしょにダッシュボードに入っているはずですが、もし紛失してしまって手元にないようでしたら、自賠責保険を支払った保険会社から交付してもらいましょう。

さらに自動車税納税証明書も必要になります。

これは毎年4月1日の時点の車の所有者に対して自動車税の納付書が送られてきます。

納税したらならば、その控えとして納税証明書があるはずです。

万が一納税を忘れているようでしたら、車の売却ができなくなってしまいますので、その場合は速やかに納税するようにして下さい。

次に必要な書類が譲渡証明書です。

この書類に実印をおして、印鑑証明を添付する必要があります。

譲渡証明書は基本的に買取業者が用意してくれますので、こちらで用意する必要はありません。

用意する必要があるのは、実印と印鑑証明です。

さらに委任状が必要になります。

自分で所有権移転登録をするのであれば別ですが、買取業者にやってもらう場合には委任状が必要になってきます。

その他としては、リサイクル券や車検証に記載されている住所と印鑑証明の住所が違う場合には住民票も必要になります。

また、ローンなどを組んで車を購入した場合には、名義がディーラーか信販会社になっていることが多いので、所有権解除しなくてはなりません。

その辺も、買取業者の担当者とよく相談をして、ミスのないように手続きを進めるようにするといいでしょう。

kuruma kuro sensha 03

車を売る前に徹底的に洗車をしてきれにしてみた結果は?

中古車を売却する際に、必ず査定を受けることになります。

もちろん、査定というのは担当者の主観で決まるわけでありませんから、いまのままの現状を見てもらえば十分なはずです。

しかし人間の心理として、年式や走行距離などがまったく同じ条件で、きれいなクルマと汚れている車があったら、きれいなクルマの方を高く買取したくなるのではないでしょうか。

私自身が車を売るときには、自宅駐車場に査定士さんが来る前に洗車場にいって、しっかりときれいに掃除をしました。

まだ3年しか乗っていない、比較的新しい車だったので、機械洗車はせずに手洗いで行いました。

最近の洗車機はだいぶ性能が良くなっているとは聞きますが、やはり人間の手にはかないません。

せっかく査定を受ける前に細かい傷などがついてしまっては大変です。

水をたっぷりとかけながら、丁寧に少しずつボディを洗っていきます。

溝があると、そこにゴミが溜まっていることあるので、そういった部分には重点的に水をかけて洗い出します。

もちろん、3年間乗った車ですから、簡単に落ちる汚ればかりではありません。

頑固に付着してしまった汚れもあったのですが、これも丁寧にふき取りました。

洗車をしていると、これまで気が付かなかった傷が目に付きましたが、気にしないことにします。

気にしても、いまさらどうにもなりませんし、仮に細かい傷を補修しても査定額はそれほどアップしないという話も聞いています。

車の査定においては、内装の方が重点的に見られるということなので、フロアーは徹底的に掃除機をかけてきれいにしました。

けっこう髪の毛が落ちているものですが、それらの粘着テープを使って取り除き、小さな石なども絶対に見逃さないつもりできれいにしました。

座席は除菌スプレーを吹いて、しばらく放置したあとにしっかりとふき取ります。

特に車内のニオイは査定に大きくマイナスになると聞いていたので、気になるニオイがあれば消臭スプレーを使って消臭しておく必要があります。

こんな感じで、自分の気のすむまできれいにした車ですが、いざ査定を受けてみると、ちょっと肩透かしを食らったような感じでした。

「きれいですね」とほめてはくれましたが、実際にチェックしているところはそういったところではないようです。

車をきれいにすることで査定士の印象そのものをアップすることは出来たとしても、それが実際の査定額にダイレクトに響くことはないようです。

査定士さんがいうには、車をきれいにするということは、キズや不具合を見つけるいい機会なのでぜひやるべきですが、それよりも大切なのは日頃のメンテナンスだとのことです。

とはいえ、長年乗ってきた車を査定前に徹底的にきれいにしたことで、私自身の気持ちはなんともいえず晴々としたものになりました。

kuruma pasokon

自分に合った買取り業者をネットで事前にチェックしましょう

この間、生まれて初めて車の買取り専門店による査定というものを経験しました。

その結果、同じ車の買取業者といっても、お店によってそれぞれ特徴が大きく異なるという印象を受けました。

これから、車の査定を受ける予定の人は、その違いをしっかりと把握した上で交渉していくといいと思います。

車買取り店のおおよその特徴については、ネットの口コミなどを検索してみると簡単にわかります。

落ち着いて交渉ができるお店、とにかく高く買い取ってくれるお店、圧倒的な情報量でアドバイスをくれるお店、業界のことを詳しく説明してくれるお店、などお店ごとに特徴があるのです。

自分がどのように査定を受けたいかによって、特徴がマッチしたお店選びをすることが大切です。

じっくり自分のペースで交渉していきたいのなら、落ち着いた交渉を進めてくれるお店がおススメです。

お店によっては、とにかく買取りをしたくて、こちらの話をほとんど聞かずに一方的かつ強引に話しかけてくるようなお店もあります。

じっくりと交渉したい人には向かないお店といっていいでしょう。

また、中古車の査定は初めてでまったく何もわからないという方は、詳しい説明をしてくれるお店を選ぶとよいでしょう。

自分の場合は初めての経験だったので、とにかく詳しい説明をしてくれるお店を選びました

おかげさまで、車を売るときにはどのような点に気をつければよいのかが良く分かり、次回の売却の際には、もう少し賢い車売却ができそうです。

特に、むかしだったらスクラップにするしかないような古い車でも、いまでは海外への販売ルートなどもあるため、しっかりと査定してもらえることも多いそうです。

時代が変われば、車の処分の仕方も変わってくるのですね。

また、自分が行ったお店では、必要書類さえそろえておけば、売却にともなう手続きはすべてやってくれるので、その点も助かりました。

私の場合は、初めての車買取り店利用にもかかわらず、事前にネットの口コミ情報を調べたおかげで、とてもいい業者さんと巡り合うことができました。

いままでは、ディーラーにそのまま下取りに出すのが当たり前で、車買取り専門店というと何か怪しい感じもしていたのですが、そういった偏見はもうなくなりました。

kuruma satei

妻のSUVを軽自動車に買い替えるにあたっての奮闘記

結婚してもうすぐ子供が生まれるのですが、それにあたり、妻が独身の時から乗ってきた車を軽自動車に変えようという話になりました。

買い替えるなら自動スライドドアの車内が広い仕様の軽自動車にしたいと思うのですが最近の軽自動車はちょっと良いクラスだと普通車並みの価格になります。

そのため、いま乗っている車を出来るだけ高く売って、新しい車の購入費用にあてたいと思っていました。

妻は車高の高いスタイルに憧れてSUV車に乗っていました。

遠出をすることはほとんどなく、実質タウンユースオンリーで走行距離も少なめの禁煙車ということで、年式の割に程度は良い車といえそうです。

それにもかかわらず、軽自動車を買う予定のディーラーに見積もってもらった下取り価格は想定よりはるかに安いものでした。

そのままディーラーで高く下取りしてくれれば、新車の手続きと一緒に処理してもらえるのでこちらとしても楽なのですが、そうそううまくはいかないものです。

新しい車の購入費用を少しでも増やすために、買取り専門店への売却を検討することにしました。

とりあえず、家の近所にある3店に妻の車を持ち込み、査定をしてもらいました。

そのうち2社は、ディーラーで出された額よりちょっと高いくらいの提示額だったのですが、残りの1社からはそれより10万円も高い買取り価格を提示してくれました。

思わず、その場で売却を決めてしまいそうになりましたが、3社に査定をしてもらってその差が10万円にもなると、逆にこの車の本当の相場はどのくらいなのかが疑問になりました。

試しにネットで車の一括査定を受けるみることにしました。

申込み当日から翌日にかけて、計8社からの見積もりが届いたのですが、これが同じ車の査定かと不思議になるくらい、提示額はバラバラでした。

結局、一括査定をした業者の中で一番高値を付けてくれた業者に売却をすることになりました。

ディーラーから提示された額よりも、結果的には16万円も高値での売却となりました。

さすがにこれだけの差になると、楽をしてすべての手続きをディーラーで済ませたいなどと言っている場合ではないですね。

16万円あれば、新しい車にかなり贅沢なオプションをつけられますから。

kuruma sensha

車を売る前に掃除をすることは大切だが傷の修理までは不要

中古車の査定を受けるにあったっては、ある程度準備をすることが大切です。

たとえば、あなたが要らなくなった服を売ると言う場合、洗濯はせず汚れたままであったり、ボタンが取れたままで売ったりはしないですよね。

査定のときの項目に「洗車」などというものはありませんが、やはり車の査定をする人も人間ですから、見た目の第一印象は重要です。

車のボディや内装をきれいに掃除してあげるだけで、印象は大きくアップします

車がきれいになっている状態を見れば、これまで車を大切に乗ってきたに違いないと良心的に解釈してくれる可能性が高いといえます。

これから車の査定を受けるときには、キレイに洗うこと、そして自分でコンパウンドなどで直せる小さなキズや汚れは取っておくようにすることが大切です。

では、大きなキズやヘコミがある場合はどうすればいいでしょうか?

たとえば、これから売る予定の洋服に穴が空いていたという場合です。

穴を上手くふさげる技術があるなら直してもいいですが、素人にはまず無理なはずです。

では仕立て屋さんに直してもらうのがいいかといえば、数千円かけて直してもらったとしても、その費用以上に高く売れるとは限りません。

車の場合もそれと同じで、多くの場合は修理費用のほうが高くついてしまうことの方が多いでしょう。

むしろ、そのままの状態で堂々と査定を受けたほうが、トータル的に得をすることになります

なぜ、直しても査定額が修理費用以上にアップしないのかといいますと、実は買取業者が自社工場を持っていたり、タイアップしている業者が合ったりするからです。

そういったところで修理をすることにより、私たちが個人的に直してもらうよりもはるかに費用的に安くすむわけです。

おそらく私たちが個人的に持ち込んで修理してもらった場合の、6割程度の費用で済んでしまいます

たとえば、私たちが持ち込んだときの修理費用が20万円かかるとするならば、買取り店では12万円程度で修理できてしまうわけです。

12万円程度で修理できてしまうクルマに対して、こちらできれいに修理をしたとしても20万円以上の査定額のアップというのは絶対にありえないのです。

それならば、そのまま中古車査定してもらったほうが得ということになるのです。

車の査定の際には、担当者の印象をアップさせることは重要ですが、そのために大掛かりな修理まではする必要はないということがお分かりいただけたかと思います。

注目記事~日本車ならでは!?軽自動車進化論

kuruma kazoku

長い間乗った車でもそこそこの査定額が提示されることがあります

自動車は新車のときはかなり高価な買い物となりますが、中古で売るとなるとよほどの人気車種でもない限り、想像以上に価格が下がってしまうことが多いですね。

我が家でも、新車で買ったときに200万円以上した車が、手放したときは20万円程度の査定額しかつかずにがっかりしたことがあります。

買ったときの約10分の1の金額になってしまったわけです。

ただ、長い間乗っていた車ということもあり、他のお店ではほとんど値段がつかなかったので、20万円で売れたのはむしろラッキーともいえそうです。

走行距離も10万キロ以上になっていましたし、10年近くのっていたので、車としての価値はもうほとんどなかったようです。

そういえば、父が中古で購入した外車は中古でも300万円しましたが、数年後手放したときはわずか数万円程度になってしまったことがありました。

それを考えると、私の場合は10年近くも乗って20万円ですから、十分な買取り額といえるかもしれません。

いま私が乗っている車もそろそろ買い替えを考える時期にきています。

長く乗ってはいるものの、外見的にも目立つような傷はなくきれいですし、内装もタバコを吸わないので比較的きれいで嫌なにおいなどもついていません。

年数の割には走行距離も短いので、前回のときよりは良い査定額になるかもしれないと、ひそかに期待をしています。

中古車を手放す方法としては、まずは新車を購入する場合はディーラーの下取りという方法があります。

一方で、最近は中古車買い取り専門店も人気ですので、ディーラーだけではなくそういったところも含めて、いろいろなお店で中古車査定をもらいたいと思っています。

実際にお店で見てもらうのはもちろんですが、できるだけ良い価格をつけてくれるお店を見つけたいので、まずはネットで一括査定を試してみようかと思っています。

こうしたサービスは無料で利用できますし、一度の入力で多くの業者から査定が取れるのはとても便利ですから、相場を知るのにも良いですね。

こういったサイトが登場したおかげで、中古車の売買をするお店は、1台当たりの利益率が大きく下がってきているといわれていますが、われわれ消費者にとっては、とてもありがたいことです。

以前であれば、廃車にするしかないような古い車であっても、複数のお店を回っているうちに査定額を提示してくれるお店が見つかることが少なくありません。

車を長い間大切に乗ってきたオーナーにとっては、こうしたサービスが増えてくるのは本当に喜ばしいことだと感じています。

, Image: 231460204, License: Royalty-free, Restrictions: , Model Release: no, Credit line: Profimedia, Juice Images

事故車でも買取りしてもらえるということを知ったある出来事

比較的駅から近いところに住んでいることもあり、最近はめったにクルマに乗る機会はなくなってしまいました。

昨年、仕事で出張をしていたときに、たまたま出張先が自分の故郷ということもあり、交通の便が悪い地域のため自分の車を使う機会が一気に増えました

本当に田舎なので、近くにレストランなどもなく、仕事を終えたあと友人を誘って食事に行くときも、車で片道三時間などということもありました。

そんな遠方まで食事に行ったときでも、翌日には仕事が入っているために、それほどのんびりも出来ずに、食事を終えるとさっさと帰宅の途に就くというのがお決まりでした。

ある日、友人との食事会を終えたあと、夜中にレストランを車で出発したときのことです。

冬だったために路面が凍結していたにもかかわらず、早く帰りたい気持ちでかなりのスピードを出していました。

その結果、車をスピンさせてしまい、事故を起こしてしまったのです。

幸いにも単独事故で、怪我人もいなかったことはラッキーだったのですが、車はほぼ廃車同然の状態になってしまいました。

なんとか走ることは可能なのですが、大きくボディがへこんでしまい、とても日常的に使える状態ではありません。

修理の見積もりを取ってみましたが、ビックリするような金額で、とても修理して乗る気にはなれませんでした。

車がないと生活できない地域なので、すぐに車を購入しないといけない状況になってしまいました。

中古車を探すために、普段から見かけていたあるお店を訪問してみると手頃な値段の車があったので、担当の人に話を聞いてみることにしました。

そのとき、自分の事故車の買取りも出来るのか聞いてみると「いくらになるか分からないが買取りは可能です」ということなので、お願いすることにしました。

実際に査定をしてもらったところ、エンジンもまともだったこともあり思ったよりも良い値段をつけてくれました。

廃車にすることを覚悟していた自分にとっては、なんともうれしい誤算でした。

最近では、東南アジアなどへの中古車の輸出ルーツと確率されているので、事故車であってもそれなりの買取り額になることもあるのだそうです。

おかげで、新たに買う中古車の支払いがものすごく楽になりました。

事故車は廃車にするしかないと思い込んでいた自分の考えが古いということを、思い知らされた出来事でした。

kuruma doa2

人気車種を売るならディーラーではなく買取り専門店に持ち込むべきです

中古車の売却方法にもさまざまな方法がありますが、高額での売却を実現するにはそのときどきによって方法を変えていく必要があります。

車の売却方法としては、ディーラーに下取りに出すやり方と買取り専門店に持ち込む方法があります。

どちらの方法で車を売却するかを決める前に、まずは自分の車の人気がどれくらいあるかを確かめてみる必要があります。

人気が高くなっているクルマの場合には、ディーラーへの下取りでは高額査定は望めません。

人気車種の場合には、専門店の査定を受けたほうが良い結果が出やすいのです。

ディーラーにおける下取りというのは、いわば新車販売業務の一環として行っているもので、新車を売りやすくするための一つの手段として行われている傾向があります。

下取りした車も、買取り店に売られた車と同様にカーオークションなどを経由して中古車市場へと流通していきますが、買取り店への売却の方が高値で売れることが多いです。

ディーラーでの下取りの場合、査定方法は基本事項に忠実な項目を中心に行われ、需要と供給を考えた柔軟な値付けがなかなかできないとうのが現実です。

その点、買取り店の場合は、さまざまなクルマの流通経路より割り出した、査定の基本事項以外の人気度に関する項目も大きく影響するのです。

買取店の査定では、需要と供給の市場経済を基本としていますので、人気があって品薄の車種は当然ながら高額査定が出やすくなります。

また、買取り店の場合、アルミホイールやエアロパーツ、ナビゲーションシステムなど、車の基本以外のパーツに関してもプラス査定の対象となるのです。

ディーラーの場合だと、メーカー純正品以外のオプションパーツは、どんなに高価なパーツであっても基本的にはプラス査定にはなりません。

自分の車の人気度を確認したり、取り付けているパーツの評価を把握するには、ネットによる一括査定サービスを利用するのが、簡単で一番手っ取り早いと思います。

中古車の相場は、業界の人であればある程度は把握できるものですが、一般人が正確な金額を知ることは難しいといえるでしょう。

一度に複数の買取り店の査定額を知ることで、客観的な中古車の買取り相場を知ることができる一括査定サービスは、とても便利であるといえるでしょう。

クルマを売るときに絶対にやってはいけないことは、1社だけしか査定を受けずに、そのまま言いなりの値段で売ってしまうことです。

場合によっては、数十万円も損をすることがありますので、気をつけなければいけません。

kuruma danjo2

ディーラーにおける下取りと買取り店に持ち込んだ場合の違いとは?

新車を購入することを前提として、いま乗っている車の売却を考えた場合、買取り専門店に持ち込むのとディーラーに下取りにだすのはどちらが有利なのか悩む人も少なくないと思います。

実際にどちらを選択したほうがいいかという点に関しては、いま乗っているクルマの種類や人気度などによって異なりますので、まずは2つの方法の基本的な違いを理解してから自分に合った方を選択するようにするといいでしょう。

まず、ディーラーにおける下取りと買取り専門店の決定的な違いと言えば、その目的が大きく異なるという点があげられます。

ディーラーにおける下取りの場合は、中古車を直接販売することを主な目的とは考えておらず、あくまでも新車を販売するための一つの手段として捉えられています

つまり、下取りというサービスをすることによって、新車を購入しやすくすることが大きな目的になっているのです。

下取りの場合には、持ち込まれた中古車の基本的な価値を優先して査定額が決められることになりますので、ある意味基本に忠実な査定ということになります。

そのため、人気車種であったり、魅力的なオプションパーツがついていたとしても、基本的には査定額にプラスに反映されることはありません。

ただ、値引きが渋い新車を購入予定の際に、値引き分を下取り車の増額査定などで柔軟に対応する場合もあるようです。

一方で買取専門店での査定では、買い取ったクルマを中古車として販売することを大きな目的としていますので、持ち込まれた車は利益を生み出す貴重な商品ということになるのです。

これはそのまま査定額に反映される部分で、人気が高く売りやすい車に関しては高額査定が出やすく、流行のオプションパーツなどが組み込まれていれば査定額に加算される傾向にあります。

ここが、ディーラーにおける下取りと大きく異なる部分です。

また、ディーラーにおける下取りと買取り専門店を比較した場合、その目的が異なる以外に、売却する側の労力にも大きな違いが生じます。

買取専門店で売却した場合には、クルマの売却代金は現金での受け渡しが基本となります。

それに対して下取りの場合には、査定額というのはあくまでも見積もり上の数値でしか現れてきませんので、売買にあたって金銭の受け渡しに関する手間が一切かからないという利点があります。

このように中古車を買取り専門店に持ち込んだ場合とディーラーに下取りに出した場合には、さまざまな違いがあることがお分かりになったと思いますが、具体的にどちらがお得かと言う点については一概に言えない面もあります。

それぞれのメリットやデメリットを考慮したうえで、あなたにふさわしい方法で売却をするのが一番だと思います。