kuruma doa2

人気車種を売るならディーラーではなく買取り専門店に持ち込むべきです

中古車の売却方法にもさまざまな方法がありますが、高額での売却を実現するにはそのときどきによって方法を変えていく必要があります。

車の売却方法としては、ディーラーに下取りに出すやり方と買取り専門店に持ち込む方法があります。

どちらの方法で車を売却するかを決める前に、まずは自分の車の人気がどれくらいあるかを確かめてみる必要があります。

人気が高くなっているクルマの場合には、ディーラーへの下取りでは高額査定は望めません。

人気車種の場合には、専門店の査定を受けたほうが良い結果が出やすいのです。

ディーラーにおける下取りというのは、いわば新車販売業務の一環として行っているもので、新車を売りやすくするための一つの手段として行われている傾向があります。

下取りした車も、買取り店に売られた車と同様にカーオークションなどを経由して中古車市場へと流通していきますが、買取り店への売却の方が高値で売れることが多いです。

ディーラーでの下取りの場合、査定方法は基本事項に忠実な項目を中心に行われ、需要と供給を考えた柔軟な値付けがなかなかできないとうのが現実です。

その点、買取り店の場合は、さまざまなクルマの流通経路より割り出した、査定の基本事項以外の人気度に関する項目も大きく影響するのです。

買取店の査定では、需要と供給の市場経済を基本としていますので、人気があって品薄の車種は当然ながら高額査定が出やすくなります。

また、買取り店の場合、アルミホイールやエアロパーツ、ナビゲーションシステムなど、車の基本以外のパーツに関してもプラス査定の対象となるのです。

ディーラーの場合だと、メーカー純正品以外のオプションパーツは、どんなに高価なパーツであっても基本的にはプラス査定にはなりません。

自分の車の人気度を確認したり、取り付けているパーツの評価を把握するには、ネットによる一括査定サービスを利用するのが、簡単で一番手っ取り早いと思います。

中古車の相場は、業界の人であればある程度は把握できるものですが、一般人が正確な金額を知ることは難しいといえるでしょう。

一度に複数の買取り店の査定額を知ることで、客観的な中古車の買取り相場を知ることができる一括査定サービスは、とても便利であるといえるでしょう。

クルマを売るときに絶対にやってはいけないことは、1社だけしか査定を受けずに、そのまま言いなりの値段で売ってしまうことです。

場合によっては、数十万円も損をすることがありますので、気をつけなければいけません。

kuruma danjo2

ディーラーにおける下取りと買取り店に持ち込んだ場合の違いとは?

新車を購入することを前提として、いま乗っている車の売却を考えた場合、買取り専門店に持ち込むのとディーラーに下取りにだすのはどちらが有利なのか悩む人も少なくないと思います。

実際にどちらを選択したほうがいいかという点に関しては、いま乗っているクルマの種類や人気度などによって異なりますので、まずは2つの方法の基本的な違いを理解してから自分に合った方を選択するようにするといいでしょう。

まず、ディーラーにおける下取りと買取り専門店の決定的な違いと言えば、その目的が大きく異なるという点があげられます。

ディーラーにおける下取りの場合は、中古車を直接販売することを主な目的とは考えておらず、あくまでも新車を販売するための一つの手段として捉えられています。

つまり、下取りというサービスをすることによって、新車を購入しやすくすることが大きな目的になっているのです。

下取りの場合には、持ち込まれた中古車の基本的な価値を優先して査定額が決められることになりますので、ある意味基本に忠実な査定ということになります。

そのため、人気車種であったり、魅力的なオプションパーツがついていたとしても、基本的には査定額にプラスに反映されることはありません。

ただ、値引きが渋い新車を購入予定の際に、値引き分を下取り車の増額査定などで柔軟に対応する場合もあるようです。

一方で買取専門店での査定では、買い取ったクルマを中古車として販売することを大きな目的としていますので、持ち込まれた車は利益を生み出す貴重な商品ということになるのです。

これはそのまま査定額に反映される部分で、人気が高く売りやすい車に関しては高額査定が出やすく、流行のオプションパーツなどが組み込まれていれば査定額に加算される傾向にあります。

ここが、ディーラーにおける下取りと大きく異なる部分です。

また、ディーラーにおける下取りと買取り専門店を比較した場合、その目的が異なる以外に、売却する側の労力にも大きな違いが生じます。

買取専門店で売却した場合には、クルマの売却代金は現金での受け渡しが基本となります。

それに対して下取りの場合には、査定額というのはあくまでも見積もり上の数値でしか現れてきませんので、売買にあたって金銭の受け渡しに関する手間が一切かからないという利点があります。

このように中古車を買取り専門店に持ち込んだ場合とディーラーに下取りに出した場合には、さまざまな違いがあることがお分かりになったと思いますが、具体的にどちらがお得かと言う点については一概に言えない面もあります。

それぞれのメリットやデメリットを考慮したうえで、あなたにふさわしい方法で売却をするのが一番だと思います。

benz001

長年乗った愛着のある車を少しでも高く売るために

今までとても大切に乗ってきた愛車ですが、長年乗ってきたことにより、さすがに古さを感じるようになってきました。

どんなに素敵な車であっても、どんなに丁寧にワックスをかけて大切にしてきた車であっても、やがて古くなってお別れのときが来ます。

そんな愛着のある車ですから、いざ手放すことになった場合には少しでも高い金額にて買取りを依頼したいものです。

多くの人の場合、これまで乗ってきた車を下取りの形でディーラーに手渡して、その際の下取り金を新車の購入資金にあてていると思います。

最近では、ガリバーやアップルなどの買取り専門店も多くなり、お店によってはディーラーでの下取り価格よりも高く買い取ってくれるようなところもあるようです

それでは、あなたの愛車を少しでも高い金額での買い取りしてもらうための方法として、一番有効なのはどのようなやり方でしょうか?

結論からいってしまえば、実はけっこう簡単な方法で劇的にクルマの買取り価格はあがります。

これは、車の買い取りに限った話ではないのですが、基本となってくるのは、複数の業者に査定をしてもらって、各社を競争させるということです

どこの買取り業者も査定そのものは無料で行ってくれるのが原則ですので、いくつの業者に見てもらっても費用が発生することはありません。

もちろん買取り業者としても、ボランティアではありませんから、無料で査定をするだけでは利益は出ません。

それどころか、お客さんからは1円もお金は取りませんが、実際には査定をするための人件費はしっかりとかかっているわけです。

最終的に、クルマの買い取りが実現することによって、会社としても利益が生まれるわけです。

ですから、無料で査定をしたからには、どこの業者もなんとか自分のところで買い取りをしたいと必死になるわけです。

そういった買取り業者の心理を巧みに利用することで、場合によっては買取り価格が数十万円も違ってくることがありますから、1社にだけ査定をしてもらった売却してしまうのは、非常にばからしいといえるでしょう

とはいっても、なかなか忙しくて何店舗も回わることができないという人もいるでしょう。

そういった人にとってまさに救世主となるのが、ネットによるクルマの一括無料査定です。

パソコンやスマホから簡単に申し込みが出来ますので、このサービスを利用すればどんなに忙しい人でも簡単に複数の業者に査定をしてもらうことが可能になるのです。