kuruma-haisha-03-11

動かなくなってしまった車でも売却することができる理由

最近では、かなり年式が古くて走行距離も10万kmを軽くオーバーしたような車であっても、売れないということはまずありません。

特に海外への輸出ルートが確率されている買取店などに持ち込めば、想像以上に高い査定額を提示されてびっくりすることもあるでしょう。

海外では、20万kmや30万km程度の走行距離の車が普通に走っていますから、もともと品質の高い日本車であれば、10万km程度しか走っていない車はかなり程度がいいと判断されます。

このように、日本国内でニーズがなくなった中古車であっても、海外に活躍の場を広げたことによって、廃車にされることなくしっかりと査定の対象となっているわけです。

かつてにくらべると、車の寿命というのは本当に長くなっているのです。

しかし、そんななかなか壊れなくなった日本車ではあっても、いつかはご臨終のときを迎えます。

実際に、動かなくなってしまった車はどうすればいいのでしょうか?

なんとか修理が出来る状態の車であれば海外輸出の対象となりますが、修理ができないほどのポンコツ状態になってしまったら、さすがに廃車にする意外に選択肢はありません。

かつては、そういった車がよく空き地などに不法投棄されていました。

車が売れないどころか、逆に処分費や廃車費用で大赤字になってしまうので、捨ててしまったほうがいいと考えたのでしょう。

しかし、最近ではそういった不法投棄された車を見かけることがなくなりました。

理由は、鉄スクラップの価格が上がっているからです。

鉄スクラップが安かった時代には、業者に処分費を払って車を引き取ってもらうしかありませんでした。

しかし、鉄スクラップの価格が上がったことによって、かつては不法投棄されていたような価値のない車であっても、買取の対象になるようになったのです。

買取といっても、金額的には数万円にしかなりませんが、かつてのようにお金を払ってまで処分してもらわなければならなかった時代にくらべると、たとえ数万円でも非常にありがたみを感じるに違いありません。

今後の鉄相場がどうなるかは分かりませんが、少なくとも現在のような相場が続くのであれば、かつてのように空き地に車が不法投棄されるようなことは当分のあいだは起こらないに違いありません。