kuruma danjo2

ディーラーにおける下取りと買取り店に持ち込んだ場合の違いとは?

新車を購入することを前提として、いま乗っている車の売却を考えた場合、買取り専門店に持ち込むのとディーラーに下取りにだすのはどちらが有利なのか悩む人も少なくないと思います。

実際にどちらを選択したほうがいいかという点に関しては、いま乗っているクルマの種類や人気度などによって異なりますので、まずは2つの方法の基本的な違いを理解してから自分に合った方を選択するようにするといいでしょう。

まず、ディーラーにおける下取りと買取り専門店の決定的な違いと言えば、その目的が大きく異なるという点があげられます。

ディーラーにおける下取りの場合は、中古車を直接販売することを主な目的とは考えておらず、あくまでも新車を販売するための一つの手段として捉えられています。

つまり、下取りというサービスをすることによって、新車を購入しやすくすることが大きな目的になっているのです。

下取りの場合には、持ち込まれた中古車の基本的な価値を優先して査定額が決められることになりますので、ある意味基本に忠実な査定ということになります。

そのため、人気車種であったり、魅力的なオプションパーツがついていたとしても、基本的には査定額にプラスに反映されることはありません。

ただ、値引きが渋い新車を購入予定の際に、値引き分を下取り車の増額査定などで柔軟に対応する場合もあるようです。

一方で買取専門店での査定では、買い取ったクルマを中古車として販売することを大きな目的としていますので、持ち込まれた車は利益を生み出す貴重な商品ということになるのです。

これはそのまま査定額に反映される部分で、人気が高く売りやすい車に関しては高額査定が出やすく、流行のオプションパーツなどが組み込まれていれば査定額に加算される傾向にあります。

ここが、ディーラーにおける下取りと大きく異なる部分です。

また、ディーラーにおける下取りと買取り専門店を比較した場合、その目的が異なる以外に、売却する側の労力にも大きな違いが生じます。

買取専門店で売却した場合には、クルマの売却代金は現金での受け渡しが基本となります。

それに対して下取りの場合には、査定額というのはあくまでも見積もり上の数値でしか現れてきませんので、売買にあたって金銭の受け渡しに関する手間が一切かからないという利点があります。

このように中古車を買取り専門店に持ち込んだ場合とディーラーに下取りに出した場合には、さまざまな違いがあることがお分かりになったと思いますが、具体的にどちらがお得かと言う点については一概に言えない面もあります。

それぞれのメリットやデメリットを考慮したうえで、あなたにふさわしい方法で売却をするのが一番だと思います。