kuruma kazoku

長い間乗った車でもそこそこの査定額が提示されることがあります

自動車は新車のときはかなり高価な買い物となりますが、中古で売るとなるとよほどの人気車種でもない限り、想像以上に価格が下がってしまうことが多いですね。

我が家でも、新車で買ったときに200万円以上した車が、手放したときは20万円程度の査定額しかつかずにがっかりしたことがあります。

買ったときの約10分の1の金額になってしまったわけです。

ただ、長い間乗っていた車ということもあり、他のお店ではほとんど値段がつかなかったので、20万円で売れたのはむしろラッキーともいえそうです。

走行距離も10万キロ以上になっていましたし、10年近くのっていたので、車としての価値はもうほとんどなかったようです。

そういえば、父が中古で購入した外車は中古でも300万円しましたが、数年後手放したときはわずか数万円程度になってしまったことがありました。

それを考えると、私の場合は10年近くも乗って20万円ですから、十分な買取り額といえるかもしれません。

いま私が乗っている車もそろそろ買い替えを考える時期にきています。

長く乗ってはいるものの、外見的にも目立つような傷はなくきれいですし、内装もタバコを吸わないので比較的きれいで嫌なにおいなどもついていません。

年数の割には走行距離も短いので、前回のときよりは良い査定額になるかもしれないと、ひそかに期待をしています。

中古車を手放す方法としては、まずは新車を購入する場合はディーラーの下取りという方法があります。

一方で、最近は中古車買い取り専門店も人気ですので、ディーラーだけではなくそういったところも含めて、いろいろなお店で中古車査定をもらいたいと思っています。

実際にお店で見てもらうのはもちろんですが、できるだけ良い価格をつけてくれるお店を見つけたいので、まずはネットで一括査定を試してみようかと思っています。

こうしたサービスは無料で利用できますし、一度の入力で多くの業者から査定が取れるのはとても便利ですから、相場を知るのにも良いですね。

こういったサイトが登場したおかげで、中古車の売買をするお店は、1台当たりの利益率が大きく下がってきているといわれていますが、われわれ消費者にとっては、とてもありがたいことです。

以前であれば、廃車にするしかないような古い車であっても、複数のお店を回っているうちに査定額を提示してくれるお店が見つかることが少なくありません。

車を長い間大切に乗ってきたオーナーにとっては、こうしたサービスが増えてくるのは本当に喜ばしいことだと感じています。