kuruma-inkan-shorui-03

中古車を売るときにあらかじめ揃えておきたい必要書類とは?

新しく車を購入するには、これまで乗ってきた車はそのまま下取りに出す人も多いと思いますが、なかにはディーラーの査定額に納得がいかずに買取専門店に売却を決める人もいることでしょう。

その場合には、新たに車を買う店とは別のところで契約をすることになりますので、さまざまな書類を事前に準備しておかなくてはなりません。

まず、車を売るときに絶対に必要になるのが車検証です。

これは、陸運局に登録した時の情報を確認するための書類となりますので、仮に車検が切れてしまった車であっても、絶対に捨てたりしてはいけません。

ほとんどの車は、ダッシュボードの中に入りっぱなしになっていると思いますが、一応確認しておいてください。

そして自賠責保険の支払い証明書もそろえておく必要があります。

大抵は車検証といっしょにダッシュボードに入っているはずですが、もし紛失してしまって手元にないようでしたら、自賠責保険を支払った保険会社から交付してもらいましょう。

さらに自動車税納税証明書も必要になります。

これは毎年4月1日の時点の車の所有者に対して自動車税の納付書が送られてきます。

納税したらならば、その控えとして納税証明書があるはずです。

万が一納税を忘れているようでしたら、車の売却ができなくなってしまいますので、その場合は速やかに納税するようにして下さい。

次に必要な書類が譲渡証明書です。

この書類に実印をおして、印鑑証明を添付する必要があります。

譲渡証明書は基本的に買取業者が用意してくれますので、こちらで用意する必要はありません。

用意する必要があるのは、実印と印鑑証明です。

さらに委任状が必要になります。

自分で所有権移転登録をするのであれば別ですが、買取業者にやってもらう場合には委任状が必要になってきます。

その他としては、リサイクル券や車検証に記載されている住所と印鑑証明の住所が違う場合には住民票も必要になります。

また、ローンなどを組んで車を購入した場合には、名義がディーラーか信販会社になっていることが多いので、所有権解除しなくてはなりません。

その辺も、買取業者の担当者とよく相談をして、ミスのないように手続きを進めるようにするといいでしょう。